« 5/2南青山MANDALA Photo | トップページ | cycle road race 補足 »

2006年5月12日 (金)

vivat!! cycle road race

ichiko.H.
060510_125020_m
まだ、ドイツには行ってませんよ。(っていうかきょうは浅草に行った!!)
この写真は、ジロ・デ・イタリアのTV放映から携帯で撮ったものです。
4日間はベルギーを走っていたので、これはレースを観戦中のベルギーのおじいさんと孫と思われるちびくんの写真です。おじいさん背広にネクタイして、ちびくんはお菓子を食べてます。
あんまりすてきな1シーンなので撮ってみました。選手はどこだ!自転車写ってないし. . .って、でもこれもわたしのツールの楽しみ方のひとつです。
最初は雄大な風景の中、色とりどりのウエアを着た選手が集団で走り抜けてゆく光景を見て、きれいだなー、なんかすてきだなー、と、ただぼーっと見ていただけだったんですが、2つの光景を目にしてからはまったのです。
ひとつは、ゴール直前まで先頭にいた選手が、あっというまに抜かれ、あれって思っていたら、その選手まだゴールしてないのに(もう抜かれすぎて20番ぐらいになっているのに)うれしそうに万歳している、しかももっと後ろのほうでも. . . . . . . え?なに?なんで?
これが集団ゴールの場合、毎回あるんです。なに?意味わかんない!! ものすごいはてなマーク?????
もうひとつ、ある選手が集団から飛び出してひとりでしばらく走っていたんですが、小さな町を通過するかと思いきや、な、なんと自転車を降りて、町の人たちに迎えられ、マイクを渡され挨拶かなんかはじめたのです. . . . ?
え?え?なんですか?これ?
しばらくすると、さっき離された集団がやってきて追い抜いて、みんなが行ってしまうころ、マイクパフォーマンスしていた選手も戻って、何もなかったようにレースは続く. . . .
この町は選手の出身地でツールに出たこの選手は英雄なのだそう。で、もう、挨拶するためにちょっと先に行かしてねって感じで、他の選手もわかってるから、って. . . もう、楽しすぎ、おもしろすぎ!!
ゆっくり走っているときはチーム関係なくおしゃべりしたり笑ったりしてるし、なにか落ちてれば、これもチーム関係なく教えあってるし、有力選手が落車したら速度落として、追いつくの待ってたり。(それで負けたり)
ふつうありえなくないですか?スポーツで?
こういうところにやられてしまって、本格的にはまるようになっちゃったんです。
もちろん、過酷なスポーツですし、厳しさもはんぱじゃないのですが、その中にやさしさや、楽しさ、どうしてこういうことが起こるわけ?的なナンセンスさが織り込まれていて、精神的に余裕のあるというか、高度な精神性のあるスポーツだなあ、なんてすてきなスポーツなんだろう、って楽しんでいます。 チャオ!!   am 03:42
(ps:そういえば、下り坂は100km以上のスピードが出るそうです)

|

« 5/2南青山MANDALA Photo | トップページ | cycle road race 補足 »

コメント

オジィがザヴィヌルに似てるとおもいました

投稿: 自称リーダー | 2006年5月12日 (金) 07:53

こんばんは
上の記事を読んで思わず笑ってしまいました
さすがは、イタリア人、イタリア風土ってとこなんですかね?

最近、ボクの思う隊長のイメージが少しずつ変わってきてます、けど
どうしましょう。。。。(^^)

投稿: kozo | 2006年5月12日 (金) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/2南青山MANDALA Photo | トップページ | cycle road race 補足 »