« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

Ub-X a GO!GO!

自称リ〜ダ〜の検査結果、脱水中の洗濯機に落ちたためと判明。
これで2日の本屋本番もGO ! GO ! GO!

      疑う女神と、
Pic_416
  やるき満々の自称

Pic_359_3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

Ub-X リハ猿

自称の句 

ケンサして
キービョかどうか
アスわかる

トホホ

リハ猿どうなる?

下ネタを悲しむ女神と、   
Pic_0416_2 検査される自称リ〜ダ〜
Pic_53_2

| | コメント (2)

2006年7月29日 (土)

格闘!変なドラムセット

ウルトラマンさん電話ですよ「ジュワキ!」
ウルトラマンさん番茶も出花「ジュハチ!」

格闘し過ぎで変なドラムセットに負け続け、血尿のでた自称ア〜ティスト藤本は31日のKORGでのリハーサル、8月2日の本番本屋に向けて泌尿器科に行くかどうか迷っているのであった。「シェッ!」

 見さげる女神と、        煉獄に堕ちた自称
Pic_0382Pic_0042

| | コメント (1)

2006年7月28日 (金)

変なドラムセット

ハシモト隊長がウマイもん食って大笑いしている昨今、自称リ〜ダ〜藤本は、8月2日の本屋店内無料ライヴに向けて小さな場所用の小さな音の変なドラムセット開発の為、弱点の左脳と腰と右肩のトリオを引き連れ、日夜、カクテルドラムペダルと格闘しているのであった。シュワッチ!

幼き日のバンマス、          変なドラムセットと格闘中の私
Pic_0310Pic_0765

| | コメント (0)

2006年7月27日 (木)

トルコ料理 おいしいこと2

ichiko.H.

阿佐ヶ谷にあるトルコ料理の店イズミルに行ってきました。
メンバーは、JPミヒャエル加藤パリス金原、ハシモト隊長の4人です。
JPおすすめの店で、トルコ料理といっても香辛料はあまりきつくなく、さっぱりとしていてヘルシーでとってもおいしい!
7:00に入って、あれや、これや、これや、あれや、食べ、デザートもチャイもいって、11:00に出て、ジョナサンに流れ、更にワインやビールへ(パリス&JP)更にデザートへ(加藤&隊長)突入し、笑い転げて午前1:30に解散。
解散時には全員声が枯れていました . . .
Img_0748_2Img_0750_2Img_0754_2Img_0756_3Img_753Img_0757_5

060725_190652_m_5_2060725_190552_m_3

| | コメント (0)

2006年7月24日 (月)

ビール?ジュース?おいしいこと

ichiko.H.

   今日の隊長

060723_174658_m_2
前回、久しぶりにヘアサロンへ行った、と書きましたが、6ヶ月ぶりでした。マニュキアは一年ぶりくらい。(自分で塗ったんですけどね)何が言いたいのかというと、ひまだということです。サロンにはその間2回予約して2回キャンセルしてます。急に仕事が入っちゃったのが一回と、当日具合が悪くなったのが一回。去年の6月頃からすごく忙しくてなかなか自分のための時間が取れなかったのです。
といってもほんとに忙しい人に比べたら「なんで?」っていう量かもしれないのだけど、わたしはひとつの仕事にけっこう時間がかかる、というか器用にさらっと出来ないタイプみたいです。で、終わるとものすごく消耗して、だいたいしばらく倒れてしまいます。年を追うごとに集中力が高まり、というか深いレベルでの集中をするようになり、それ自体は望んでやってきたことなのでいいことなんですが、反面、消耗度も激しいのです。
今回は歯の激痛(歯自体には問題なく、顔の左半分特に左上顎部近辺が、のたうちまわるほど痛かった;;)と「あまりにだるくて起き上がれない」という症状を経過してやっと身体が緩んできた感じ。
そう. . . . .ひまだから^^ とりあえずは8月2日のライヴに向けてしばらく時間的な余裕がある、というわけです。先日、ピアノにちょっと向かってみましたが才能が無くなっていた!ので「やったー身体がゆるんだーお休みだー^^/」っていうこと ^^Y (マニキュアもピアノを弾かないから

. . .とここまではなぜか保存していたのですが、このあと上記の文章にもいろいろ手を入れ、その後もたくさん書いて写真も入れたところで. . . フリーズしてしまい、すべて無くなってしまいました。え〜ん

それでもうやる気をなくし、きのうは寝てしまいましたが、せっかく書き始めたので気を取り直して書いてみようかな、と、今。。。

では、最近発見した飲み物をひとつ紹介します。
"smoothiepack"という濃厚なジュース(スムージー)のマンゴー&フルーツミックスをペリエで割って飲むと、これがなんとまるでビール!! ふくよかな酵母の香りもします。味は本当にビールなんです。ペリエとスムージーの割合によって、ドライにも濃厚にも自由自在。わたしはアルコールに弱いので普段はほとんどお酒は飲みません。ビールでもワインでもグラスに1センチぐらいです。ウォッカや日本酒なども味は好きなんですが、とにかく弱いのです。
でもこれならグラスになみなみと注いで一気に飲んでもぜんぜんOK!しかもすごく美味しい!!ドイツでひとくちふたくち飲んだ「地ビール」に似てるかな?フルーティー(元がジュースだからあたりまえだけど)で「こく」もあって。 . . .あまり本気にされてないような気もするけど. . . 本当です。アルコール分の無いビールなんて意味ないって方にはおすすめできませんが、誰かためしてみてください
"smoothiepack"は輸入食品を扱っているお店、ソニープラザとかにあるみたい。わたしはエスカマーレというスーパーマーケットで買いました。
060720_234433_ed_m_2

060720_234514_ed_m_3


夜食には大好きなパン屋さんのひとつLapin Noir"クグロフ"を。小さいけれどとってもとっても美味しいわたしはグルッペで買いました。ではー♥♥060721_022715_m_2

060721_024920_ed_m_2060721_023100_m_1_3

| | コメント (5)

2006年7月22日 (土)

え?まだ?うわっ!

ichiko.H.

わわわ!自称リ〜ダ〜のドイツレポートまだ終わってなかったんだ〜!補足写真、補足写真!!そうそうJAZZ TOKYOのレポートに出してない写真あったぞ!
JAZZ TOKYOにも書いたんだけど高瀬アキお姉様のご自宅、すごいんです!10〜20畳の部屋が7部屋で、な、なんと家賃が10万円!
建物はヒットラーの時代に建てられたものだそうで、ものすごくがっちり重厚。アパートの階段も幅広くてどっしりとしていて、なんだか日本のコンクリートのものより地震にも遥かに強そう。天井もとても高くって、広々としている。
いやもう東京なら玄関居間だけでも10万円以上しますね、というか、わたし知り合いの某音楽家の、代官山にある家賃70万円の家に行ったことあるけど、それより広いかも!日本、それも東京って住居費は異常ですね。快適でゆとりのある文化的生活をしようと思ったら、お金を一番の目的にしなくちゃならない。でもね、それだと元々お金持ちじゃなかったら「ゆとり」はないよね。フ、フリージャズでこんな生活が出来るなんて、ありえないです。. . . ただ、NYやロンドンなどは東京並みの住宅費が、って話も聞いたように思うけれど、でも、建物の質も考慮に入れたらやっぱり東京が一番高いんじゃないかな。なんだかがっくりしてしまいました。今回のツアーで最も驚愕したのが、このことだったなんてちょっと寂しいです(;;)
この日は昼間ひとりでベルリンの旧東地区を散策し、青木淑子さんとオーガニックカフェでお茶した後、バンマスと三田団長と3人でアキお姉様のおうちに伺いました。バンドのメンバーも呼ばれていて(バンマスともお友達)旦那さまのシュリッペンバッハさまの手料理にもてなされ、ステキなパーティーでした。

1)アキさんの仕事部屋。ここにはデジピ。シュリッペンバッハさんの部屋にはアップライト、防音のリハーサルルームにはグランドピアノがあります。 2)シュリッペンバッハさんの仕事部屋から外を。手前には大きな本棚2つとアップライトピアノとソファセットが 3)まるで由緒あるホテルのディナールームのようなムードの居間でディナーを  4)照明もクラッシック 5)暗くなったらキャンドルの灯りで  注:カメラの性質上奥行き感がうまく出ていませんが本当はもっと広々していますよImg_0323_1
Img_0327







Img_0314

Img_0334

Img_0333_1

PS:リ〜ダ〜が携帯の写真をダビングさせてほしいというので渡したら、、、、な、なんと実家で撮った写真が!! 
とりあえず、最近久しぶりに行ったヘアサロン帰りの隊長近影と、久しぶりのマニュキアをおまけ
060718_234303_m060720_134514_m

| | コメント (0)

2006年7月20日 (木)

ドイツ決勝の旅 ベルリンからパリへ

ベルリン最終決戦でついアツくなってみんなに迷惑をかけた自称示談屋藤本は翌日はベッドから起き上がれないのであった。
楽しみにしていた高瀬アキ姐との再会も果たせず、もうツール・ド・フランスも終わりそうで、もうすぐパリだ。
NaJaの使いの使いのアンドレアも落車には気をつけよう。

それでもチームは最終戦を飾り、夕飯を求めて真夜中の東ベルリンをさまよわずひたすらベースを担いでむやみに歩く井野バンマスの後をついてほとんどホテルにつきそうなところでトルコ料理のファストフード屋に邂逅した。
これがまた、「うまい、親切、めちゃ安い」しかも日本人と見て「ライスはどうだ」と来やがった。オイラ特別、米好きってわけじゃないがドイツに入ってからはまったく米飯を食ってなかったので、泣いたね。
ということもなく、おいしくたらふく食って、4人で1600円位。三田団長が空港で食ったパスタ一皿分だ。おわり

ブックフェアのため
女流作家に変装した隊長
 自主トレ中の若きバンマスとわたし
Pic_841

Run_1

| | コメント (3)

2006年7月16日 (日)

スニーカーとシャツとココちゃん

ichiko.H.

ほんっとに暑い日が続いております。きょうきのう東京はすごい雷雨で、どこかに雷が落ち、一時停電の地区(うちも)も出ましたね。
わたしは久々に隊長体調が良くて(というか、疲れがだいぶ取れたらしく)夕方に妹と近くのスーパーマーケットに買い物に行きました。雷雨後晴れ間も出て、ちょっと爽やかな風も吹いていたので、春の始めにゲットしたものの、あまり履く機会がなかったお気に入りのスニーカーを履いてぶらぶら歩いて行ったのですが帰りはまた蒸し暑さが戻ってきて、ちょっときつかったです。でも、最近仕事で外出する以外はほとんど家から出られなかったので、ちょっといい気分♥♥妹はその前に吉祥寺に行って、な、なんと100円のシャツをゲットしてました!すごい. . .
スーパーの帰りに仲良しのアウトレット&ユーズドショップに行って、勝手にアイスコーヒーを飲み(いつも)、オーナーのハンナさんと3人でおしゃべりをして帰りました。妹と別れた後、近所の人気犬ココちゃん(10ヶ月、すっごくかわいい!ニャアニャアと鳴きます。妹にはおなかを出します。)とちょっと遊んでうちに帰り、久しぶりに自分で料理をつくって食べました。美味しかったです。
夜は、中田ヒデの引退特番とツール・ド・フランスを見て、寝ようかと思ったけど寝ないで、ブログを書きました。おわり。(あ、自称リーダーの影響が;;). . . . って、ほんとにただの日記になっちゃった. . . ^^;

(そうそう、父に「ブログにパパのこと書いて、写真を出したら『ステキなお父様』とか『男前』とかって感想でてたよ」って報告したら「そお?」って嬉しそうな声を出してました^^)

1)○○○の不(可)能姉妹?!(あんまり暑いので二人ともへんなかっこうです) 2.3)お気に入りのスニーカー 4)100円シャツ. .けっこう可愛い! 5.6)ココちゃん

060715_170707_m_1060715_174953_m_1060715_171922_m060715_173843_m_1

060715_181301_m_1060715_181316_m_1

| | コメント (4)

2006年7月14日 (金)

ABCと,パパと,アマンド

ichiko.H.

あ、暑い、暑すぎる、、このところ暑くてのびてましたが、それなのによりによって一番暑い日に六本木に行ってきました。7/9から始まっている青山ブックセンター(以下ABC)の六本木店です。父が「見てみたい」と言ったので昼の12時という強烈な時間にアマンド!で待ち合わせ、お茶を飲んで、ABCへ。店内をうろうろして本棚の前で記念撮影をし、ランチを食べて父は帰り、わたしはまたABCに戻って打ち合わせなどをし、渋谷パルコにちょっと寄り道をし、そのあと自宅のある駅前で妹とお茶して6時半ごろ帰宅。
いやーっほんっっっとに外は暑かったです。("だったら寄り道せずにとっとと帰れよ"ってことなんだけど、渋谷が経由駅なのでついつい仕事帰りに引っかかってしまうのです. . .ショッピングね
Ub-Xのコーナーはけっこう大きな本棚で、いい感じでした。コーナー全体を見渡すといろんなジャンルの本があって面白かったです。自分の本「森の中のカフェテラス」「フレバリーガールはお茶の時間に旅をする」も手持ちの新品を2冊ほど出してきました。(もう本屋では売っていないので)「森カフェ」はネット中古で手に入りますが、「フレバリー」は完全に入手不可能なので、欲しい方はぜひこの機会に。

父はなぜかCDを一枚と文庫本を一冊買ってました。
「六本木もえらい変わったなあ!」(神戸出身のため関西弁です)と驚愕しておりましたが、今は82歳の父は、わたしが子供のころはけっこうな遊び人で、バーやクラブで遊んだ夜のおみやげは"アマンド"の"ナポレオンパイ"か"ウエスト"の"ロシアケーキ"または"チーズケーキ"が定番でした。
一年半ほど前に母が他界した後、家事をすべて一人でこなし、一人暮らしを続けています。やさしい妹が月に2度、手伝い、様子見に泊まりに行くのですが、帰りには娘たちのために手料理(「お好み焼き」「カレー」「筑前煮」「すき焼き」のどれか一品と自家製「ぬか漬け!」)を必ず持ち帰らせます。「ありがとうパパ♥」って、ふつう逆だろ!なんですが、「暇つぶしにええんや、作らせて♥」ということで、ありがたく食べてます。今日(7/13)は82歳の父にとってはおそらく最後の六本木ですが「こんな人ごみはあかん。静かな処がええ。うちが一番。」とクールに帰っていきました。

そうそう8/2(水)にはABC六本木店内で「in a silent groove 〜 本のささやき」というタイトルのインストアライブもやります。本屋さんなのでもちろんピアノはなく、KORGのサポートで「OASYS」を使います。また、ベースもソリッドベース(ドイツツアーで使用したもの. . ドイツツアーでの写真参照)、ドラムも通常のセットではなくカクテルドラムというのを使います。他のお客様もいるスペースで演奏するので音量は控えめですが、そのかわり静かで深い世界が出せたら. . たくさんの本が語る、聴こえない物語やざわめきと響き合いたい。暑い夏の夜の静かな混沌の中に。スタートは午後9時。*無料*です。

PS:少しずつこの「まとまりのない」ブログを読んでくださる方が増えてるようでうれしいです。一同がんばります*    7/14 am.04:30

Img_0662_3

ABC、Ub-Xの本棚の前で。似てるでしょ。

Img_0665_3Img_0666_1

| | コメント (2)

2006年7月 8日 (土)

B-flat補足写真

1、2:B-flatの楽屋で。バンマスとリーダー。フラッシュで明るく見えるけど実際はすごく暗い! 3:ライヴ後、お店の人となごむ。センスはいいけど質実で好感度大!なclubです。 4:隣はこんなお店?!
Img_0202_2

Img_0203_1

Img_0237
Img_0219

| | コメント (4)

2006年7月 7日 (金)

ドイツ決戦の旅 その8

プロサッカー界からの引退を表明したわたしはフィーゴとスッ裸で抱き合い、ずぶどろのシャツを交換してベルリンに向かったところで目が覚めると、天女アンドレアの姿はなく、スチュアート・サトクリフ似の店番の兄ちゃんが「僕のシンバル貸そうか?」と言ってくれているのであった。たまたま店の倉庫に預けてあるという。後で聞けば、店の共同経営者だそうで、えらい人だったのだ。

えらい人のいうことはなんでもきくわたしは、ホイホイ倉庫までついていっておかまをほられた。ということもなく、なかなかのシンバルを手中の珠とした。

それからは、もう何も書くことが無いほど素晴らしいことばかりで、何も書かない。ということもなく、ハウリングの原因が今回の大恩人ベルリン在住アーティスト兼プロデューサー青木淑子さんの電子機器であったり、生音が響きすぎて、シンバルを普通には叩けなかったりしたが、とにかく、なんとかなって、あとは最終決戦に向けて暗くて寒い楽屋でウォーミングアップをしないのであった。

冷えきった体でピッチに立つとい いい雰囲気だった。
オーディエンスのスルドイ見極めてやろうみたいな何かが伝わって来る。

1曲目の「Li-mo」が終わったら猛然と拍手に襲われた。2曲目も、3曲目も大爆笑の渦でなかなか次の曲が始められないほどだった。
とても調子良く前半戦を終えると「ロスタイム!ロスタイム!」の物凄いコールがあり、暗くて寒い楽屋で「いや〜、うけてるな〜!」と思っていたら、だれもハーフタイムと言わなかったので、これで演奏が終わりだと思ったらしく、後半戦開始の頃には客の半分くらいはあきらめてかえったらしい。そのかわり、外から窓に張り付いていた人々を青木さんが「いいから、はいっちまいな!」と、ドイツ語でFee Free!にして入れちまったのでまあまあ客席はまあまあ埋まっていた。

後半戦はさらに盛り上がり、思わず普通の音量で演奏してしまったわたしのせいで、ハシモト隊長のvoがちょっと聴こえづらくなって井野チュピマスは困った。というのは本当で、とにかく異様に場内は盛り上がり、ロスタイムもキメて楽屋へ向かう途中、スーパーモデルを硬派にしたような御婦人方の熱い賞賛のまなざしに、デルピエーロとなったわたしは、音楽界を引退した後はブンデスリーガでやっていきたいと思いました。おわり 自称アーティスト ふじ

青木淑子さん撮影 演奏を見守るうしろアタマは三田晴夫団長

Bflat

| | コメント (3)

2006年7月 5日 (水)

7月1日のこと

ichiko.H.

7月1日のライブに来てくださった皆さまありがとうございました。なんだかすごく楽しくてホットな夜でした。このブログのせいか、だんだん人前でのキャラが変わっていくようでちょっとこわいですけど、苦手なMCもちょっとリラックスできるようになってきたかも。いつもはわたしが話し始めると「し〜ん」と妙な緊張感が漂い、演奏の出足はいつも緊張感の強いものだったのですが、この日は最初から何か受け入れられてる感じがして、リラックスできたみたいです。そうそう自称リーダーのヴォイスも初披露!曲が進むにつれ、客席、ステージの一体感が高まり、一緒にグルーヴできた!って感じました!なかなか都内から出られないのですが、ツアーにも出るべく、計画は立て始めてはいますので、いずれ東京近郊以外の方達とも共有体験出来ると思います

そうそう、その夜は、明年にはMITからアニメ論を出版予定のトマス・ラマール教授(Thomas Lamarre)という方もいらっしゃいました。ラーゼフォン大好きだそうで、著書でも論じているそう。日本語もぺらぺらでとても面白かったです。
060701_223336_m_2左から、巽孝之さん、隊長、トマス・ラマール氏、小谷真理さん

ネットマガジンJAZZ TOKYO に「ドイツレポート」もアップされました。自称リーダーの亜空間ドイツレポートの解説としても役に立つのではないかとも思います。ドイツで感じた様々な事を、わりとまじめに書いていますのでそちらのほうも是非読んでくださいね。

!!それから、当日サイン用にわざわざ金色のマジックを持ってきてくださったた方に大変失礼なことをしてしまいました。マジックが新品だったため、「これ紙に押さないとインクが出ないからカウンターで紙もらって押してきますね」と言って、マジックを持ってカウンターに行ったのはいいのだけど、そこにいた知人に挨拶をしてるうち、つい話し込んでしまい、そこにまた別の友人が来て、という具合に次々に挨拶などしているうちに時間が経ってしまい、気付かぬうちにマジックをポケットに入れてしまったため、そのことを忘れてしまって、はっと気がついた時にはその方はもう帰ってしまったあとでした。もし、これを読んでくださっていたら、ほんとうにごめんなさい!!!マジック持って帰ってます。次の青山ブックセンター(六本木店、8月2日21時スタート. . 詳細は後ほど)のインストアライヴにいらっしゃるなら是非声をかけてください。もしくはコメントに一言お願いします。ほんとうにごめんなさい!!!

| | コメント (2)

2006年7月 2日 (日)

ドイツ斡旋の旅 その うちなんとかなるだろう

自称リ〜ダ〜 チュッピー藤本ラス?

7月1日の新宿二丁目は萌えた。一緒に萌えてくださった皆様、ダンケシェーン!

さて、ブラジルが負けてしまったためフランス代表となった我々タビックスは、いろいろなことは省いてベルリンに着いた。

というのは嘘でデュッセルドルフ空港の身体検査で、用心深い日本人旅行者の私は自宅の鍵をの中の胴巻に入れていた為、どんどん脱がされていって、もうちょっとで半裸アーケストラを結成してしまうところだった。

Club B-flatはステージの後ろの大きなガラス窓が道路に面していて、そこに8ユーロの入場料を払えない東ベルリナーが張り付いて覗き込んでいるという、とても生の音の響きの良い、素晴らしいクラブだった。

それで借りることになっていたドラムセットをセッティングし始めたが、シンバルがどこにもない。

「スティックだけ持ってくれば、ダイジョーブ!」と店のマネージャーが何度も請け合っていたのだが、そのとき居た担当者に聞いてみるとドラムセットはあるけどシンバルは用意してないという、こういう生き血違いはビータではよくあることなので、「人間、シンバルだ!」とも思ったがそうもいかない。

と、そのとき地上に舞い降りた女神アンドレアが「わたしがなんとかしてあげましょう。そのかわり、絶対覗いたりしては駄目よ。」と機を織り始めたのであった。アフラック!

 

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »