« ドイツ斡旋の旅 その うちなんとかなるだろう | トップページ | ドイツ決戦の旅 その8 »

2006年7月 5日 (水)

7月1日のこと

ichiko.H.

7月1日のライブに来てくださった皆さまありがとうございました。なんだかすごく楽しくてホットな夜でした。このブログのせいか、だんだん人前でのキャラが変わっていくようでちょっとこわいですけど、苦手なMCもちょっとリラックスできるようになってきたかも。いつもはわたしが話し始めると「し〜ん」と妙な緊張感が漂い、演奏の出足はいつも緊張感の強いものだったのですが、この日は最初から何か受け入れられてる感じがして、リラックスできたみたいです。そうそう自称リーダーのヴォイスも初披露!曲が進むにつれ、客席、ステージの一体感が高まり、一緒にグルーヴできた!って感じました!なかなか都内から出られないのですが、ツアーにも出るべく、計画は立て始めてはいますので、いずれ東京近郊以外の方達とも共有体験出来ると思います

そうそう、その夜は、明年にはMITからアニメ論を出版予定のトマス・ラマール教授(Thomas Lamarre)という方もいらっしゃいました。ラーゼフォン大好きだそうで、著書でも論じているそう。日本語もぺらぺらでとても面白かったです。
060701_223336_m_2左から、巽孝之さん、隊長、トマス・ラマール氏、小谷真理さん

ネットマガジンJAZZ TOKYO に「ドイツレポート」もアップされました。自称リーダーの亜空間ドイツレポートの解説としても役に立つのではないかとも思います。ドイツで感じた様々な事を、わりとまじめに書いていますのでそちらのほうも是非読んでくださいね。

!!それから、当日サイン用にわざわざ金色のマジックを持ってきてくださったた方に大変失礼なことをしてしまいました。マジックが新品だったため、「これ紙に押さないとインクが出ないからカウンターで紙もらって押してきますね」と言って、マジックを持ってカウンターに行ったのはいいのだけど、そこにいた知人に挨拶をしてるうち、つい話し込んでしまい、そこにまた別の友人が来て、という具合に次々に挨拶などしているうちに時間が経ってしまい、気付かぬうちにマジックをポケットに入れてしまったため、そのことを忘れてしまって、はっと気がついた時にはその方はもう帰ってしまったあとでした。もし、これを読んでくださっていたら、ほんとうにごめんなさい!!!マジック持って帰ってます。次の青山ブックセンター(六本木店、8月2日21時スタート. . 詳細は後ほど)のインストアライヴにいらっしゃるなら是非声をかけてください。もしくはコメントに一言お願いします。ほんとうにごめんなさい!!!

|

« ドイツ斡旋の旅 その うちなんとかなるだろう | トップページ | ドイツ決戦の旅 その8 »

コメント

7/1は、楽しかったです、写真の件ですが、フィルムがまだ半分残っているので、今度のライブの時に残りを使い切ってから現像に出しますので、少しお時間をお願いします。

投稿: Vivant | 2006年7月 5日 (水) 10:02

私はライヴに行くとライブの開始n分前くらいには
心臓バクバクもんで緊張するんですが
演奏している側も同じように緊張しているんですね

一子さんの演奏、バンマスのヴォイス、自称リーダーの太鼓
ナマで聴きたいですよぉーーー!
江戸でばっか演奏しないで、たまには上方にも来ておくんなはれぇぇぇ!

投稿: kozo | 2006年7月 5日 (水) 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ斡旋の旅 その うちなんとかなるだろう | トップページ | ドイツ決戦の旅 その8 »