« まじめに始めてもまじめに終われない | トップページ | Lara . . »

2006年11月11日 (土)

お母さんだったのか?

ichiko.

_1_5昨日は、Micael Pronkoさんの「Ub-X」インタヴューがありました。

プロンコさんは、明治学院大学のアメリカ文学、文化、映画学の助教授で、「ニューズウィーク日本版」「ジャパンタイムズ」に、エッセイやジャズの連載など持っている日本語堪能なアメリカ人。

「Ub-X」にとても感動し、興味を持ち、ジャパンタイムズのコーナーで紹介したいということで ^^

すでに何度かライヴも体験済み。ライヴ後にいろいろお話もしていましたが、今回じっくりとインタヴュー。

すごく楽しかったですよ。

Img_3173_2プロンコさんはとてもやわらかい感性の持ち主で、波長も合い、感覚もとても近く、Ub-Xのネーミングのこととか、Ub-Xの独特のグルーヴのこととか、ヴォイスのこととか、たくさん語り合いました。

その中で、ひとつとても印象に残ったことがあります。

それは、私のヴオイスに関して

「赤ちゃんが言葉を覚える時って、お母さんの言葉を

最初は意味もわからず、ただ無心に、全身で聞いていますね。

わたしもライヴであなたのヴォイスを聴くとき

赤ちゃんのように一生懸命、全身で聴き取ろうとするのです

その時はあなたはお母さんみたいですね」

と、プロンコさんが言われたこと。

「えっ?お母さんですか?」

今までいろいろ感想は聞いたけれど、これは初めてですね。

すごく興味深い感想でした。

ちなみに、わたしのヴォイスはなぜか外国人のひとにとても受けます。

日本人と、母国語の違う外国人と聴き方って同じなのかなあ?

Ub-Xの1stは、歌詞はまったくありません。

歌詞によって限定されることのない、もっと深くて広い世界に入りたかったから。

2stの新曲には歌詞付きのものもあります。(カヴァーもあるし)

これからまたいろんな人に感想をきくのがたのしみだなあ

484011549401_aa240_sclzzzzzzz_v65929987_プロンコさんの著書
「僕、トーキョーの味方です」
とても面白いですよ


|

« まじめに始めてもまじめに終われない | トップページ | Lara . . »

コメント

おはようございます  

隊長の母性に関してですが

私の感じた隊長の母性は

やっぱりラ-ゼフォンの神名麻弥役で感じました

全体的にはあまり母性は感じなかったんですけれど

後半で遥に息子を頼みますと言う台詞に

もの凄く隊長の母性を感じた次第です

投稿: NaJaの使い | 2006年11月12日 (日) 06:28

おはようございます!

「隊長」=「お母さん」説。
うなずけるところがありますねぇ(笑

曲の名付けシリーズ(笑)に入ってから
耳を澄ませて聞き返しているのですけど
そんななかで、「Lara」の歌声が優しいな、と。

「隊長」=「お母さん」なら、納得ですね!
「Lara」に呼びかけてるというか、
「Lara」に声をかけてるっていうか、
それは、きっと「Lara」が胎内で聞いている声なのかも。

と、不肖kozoも感じました。

リーダーのシンバルは、鼓動の音。
バンマスのベースは、動脈を流れの音。

-----
ミューズリー、今朝の朝食で食べました!
素朴な感じでめちゃウマでした。
穀物の薫りにドライフルーツの甘みに
病み付きになりそうなのだ。(^^;

投稿: kozo | 2006年11月12日 (日) 08:43

NaJaの使いさま

>ラ-ゼフォンの神名麻弥役で感じました

こわいお母さんでしたね(;;)

kozoさま

さっそくミューズリー試していただき、気に入っていただけて嬉しいです^^♬

しかし. .「お母さん」と言われるのはちょっと複雑ですね^^;


投稿: i. | 2006年11月13日 (月) 00:34

隊長のVoiceを聞き取ろうとして集中する自分の様が赤ん坊みたい、は私も似たような感覚ありますが、もう一歩進めて、じゃあ発してる方は役割から見てお母さんだってする所は発想の出発点と広げ方がユニーク(uniqueの本来の意味)ですね。隊長自身やその作品に母性が感じられるかどうかについてはブロンコさんはコメントしていないと読みました。隊長は「お母さん」に違和感アリという事はご自身の曲やアルバムを「子供」にたとえるような感覚はあまりない、ということなんですかね(ま、生み出すといってもおなか痛める訳でないし)。私の疑問はピアノとVoiceは隊長の中では一つの楽器なんだろか?という所です。

反則ですがこっちへ。

こちらも同じメーカーのミューズリーをget。でも「ラズベリーミックス」とか書いてるのでまたちょっと違うんでしょう。レポートはまた近々…。

>kozoさま
甘みを求めるなら絶対そうですね。まれに食感優先(小さくカットしてヨーグルトに入れる時とか。滅多にしないけど)の時は固いまんまで行っちゃいます。

投稿: nyt | 2006年11月13日 (月) 11:39

こんばんは。

ワタクシは隊長の囁きヴォイスを聴いていると
静かな曲であれ、激しい曲であれ、
ミョー(笑)に心が静かに穏やかになるのがわかるんですね。

「お母さん」を「母親」と解釈すると直接的ですが
たとえば、
「大地」や「森林」であったり、
「海」であったり、
「空」や「風」であったり、
「宇宙」や「星」であったり、
人を和ませる、癒し効果のある「音」や「声」であるような

そういう意味での「母」ではないかと。
もしくは、「α波発生ヴォイス」?(笑


> nytさま

こんばんは。
バナナは少しアルコール臭がするくらいに
熟したのがクセになりそうです(笑

隊長がupされてた画像をよくよく見ると
ボクのも同じメーカーでした。
あそこはシリアルでは有名っぽいですね。
スーパーには、「ラズベリーミックス」と
「オーガニックミックス」が並んでたんで
ボクは「オーガニック」の方を選択したんです。
ネットとリアルが繋がっていたら
食べ比べできるのにね!(^^)

投稿: kozo | 2006年11月13日 (月) 20:47

*うちのそばのスーパーには「オーガニックミックス」しかありませんでした。

「ラズベリーミックス」もおいしそう!^ ^ V

*ヴォイスに関しては本文へ♬

投稿: i. | 2006年11月14日 (火) 06:01

すいません。嘘ついてました。ラズベリーミックスではなくて、クランベリークランチでした(全然ちゃうやんけ!)。一度「素」で食べてみます。

投稿: nyt | 2006年11月14日 (火) 23:09

クランベリークランチも美味しそう^^

投稿: i. | 2006年11月15日 (水) 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174015/12646720

この記事へのトラックバック一覧です: お母さんだったのか?:

« まじめに始めてもまじめに終われない | トップページ | Lara . . »