« オトナの女子の寒い夜? | トップページ | 2007年 宇宙の足袋 »

2007年1月 7日 (日)

超ワルおやぢの寒い話?

かつて
オールブランに豆乳をかけて食べていたら
体脂肪率が10%になってしまったのだ
食べ過ぎるとおなかが痛くなるのだ
滋養シリアルリ〜ダ〜藤本なのだ

それとは関係なく
子供のころから、やりたいことを我慢して、
社会からやりなさいと言われたことをやると
褒められていたような気がしている昨今

遊びたいのを我慢して勉強する、
読みたい本を我慢して教科書を読む、
自然に表出しようとしている音楽は我慢して、
言われたとおりのやり方でやる

なにか我慢して言われた通りにしている方が
社会的報酬はマシなような気がする
はたらき蜂養成ギブスが機能してるみたくない?

エライさんに貢ぐためのシステムなのか?
人類を進化させた宇宙人のプログラムか?
はたまたルイ・ジョンソンのチョッパーベースとおんなじで
自然にこうなったのか? ニャハハ〜

それにつけてもダンディ品川撮影による博多のユビークス
38r001011338r0010113_1

|

« オトナの女子の寒い夜? | トップページ | 2007年 宇宙の足袋 »

コメント

ごきげんよろしゅう、乙女でございます。
我慢と辛抱は、ちがうのでございますね。
我慢は、そとの力によってさせられている。
辛抱は、自分がえらんでやっているのではございませんか。どちらもご自分の選んだ道に変わりはないのですが。。。

投稿: 和宮乙女 | 2007年1月 7日 (日) 11:56

ヨーロッパを席巻したローマ帝国→崩壊
世界中の富の半分を獲得したヴェネチア共和国→崩壊
植民地を獲得し繁栄を誇った帝国主義→崩壊
我が春を謳歌していたバブル時代→崩壊
ルイス・ジョンソン→今もチョッパーしてんのかな?

歴史は新たなページを刻み続けます。
今の強制社会システムも崩壊するでしょう。
きっと、はたらき蜂養成ギブスから生み出された魔球を打倒するオズマが登場する事でしょう。(多分)

失礼しました!

投稿: 秋田杉 | 2007年1月 7日 (日) 12:32

えっとですね。
言えることは、ただひとつでございます。
「我慢」は、身体によくない!
ということでございます。

「我慢」してもですね、
身体の奥底からこみ上げてくる「コスモ」の力はですね
もはや、抑える(我慢する)ことは無理となり、やがて本来の覚醒へと導くのです。

やはり、自然の中に生かされる身であれば
自然に素直に、自分に素直に、、、ですね。
それが、宇宙真理により導かれる方向かと思う次第にてございます。

「宇宙真理自然万物・楽教、経典より」


ps.ネタ
幼き日より養成ギブスで養成された「力」は、
宿主の身体を蝕み、やがて崩壊へと導きましたから。残念!
いまこそ、ギブスを外す時なのだぁ!

投稿: おやぢ | 2007年1月 7日 (日) 13:38

皆様、ありがとうございます(おやぢ泣き)

投稿: 滋養シリアルリ〜ダ〜 | 2007年1月 9日 (火) 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174015/13365800

この記事へのトラックバック一覧です: 超ワルおやぢの寒い話?:

« オトナの女子の寒い夜? | トップページ | 2007年 宇宙の足袋 »