« こどもののみものとカラスとキャール | トップページ | 驚異のカリスマ気功整体師 »

2007年2月19日 (月)

レコーディングスタジオ

自称スタジオコメンテーター Fuji 間違いだらけ?

Pict_index01_1

スタジオ内は大きく分けて、
コントロールルームと大部屋、小部屋に分かれる。
コントロールルームはミキシングコンソールや録音機器があって、
プロデューサーやエンジニアがそれぞれの仕事をしている。

1st_cr01jpg_1

楽器の演奏をする方の部屋は、
ピアノ独奏やオーケストラや声楽をとったりする、
よく響く大部屋と、

1st_fl04jpg

他の楽器と録音中、お互いの音がカブらないようにするための
小部屋とに分かれる。

1st_fl01jpg

Ub-Xの場合大部屋にはピアノ、
小部屋にはベースとドラムにひと部屋づつ割り当てられた。

1st_bootha03jpg_1

バンド内の力関係どおりにゃにょ。

つづく. . .

 

|

« こどもののみものとカラスとキャール | トップページ | 驚異のカリスマ気功整体師 »

コメント

おぉ、スゴイ!
綺麗な仕事場だぁ!(@@)

レコーディングって、
3人同じ部屋で演るのかと思いきや
(もちろん、そういうのもあるのだろけど)
実は、別々の部屋で録っているのですね

となると、コミュニケーション(互いの音)は
モニターヘッドフォンか、PAか、って感じですか?

なんか、別々の部屋にいても
以心伝心というか、阿吽の呼吸というか、
おたがいの信頼というか、
Liveとは全然違ったおたがいに対する感覚がないと
満足できるモノってなかなか難しそう。。。
などと、シロートは思ったりもしました、マル。

でも、
「Ub-X」のみなさまに関しては、
そんな心配とは無縁ですね!(^^)v

投稿: おやぢ | 2007年2月19日 (月) 23:26

ヘッドフォンでやりますのじゃ。
不思議なことに、いつもは目を閉じて演奏する私が、
何も見てはいないのに、ずっと目を開けてました。

投稿: 自称コメンテーター | 2007年2月20日 (火) 18:05

ありがとうございます。

なるほど、リーダーさまは
まさに、「開眼」されてドラミングされてたわけですね!!!

ps.ところで、お身体の調子はよいのでしょうか?

投稿: おやぢ | 2007年2月20日 (火) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174015/13970963

この記事へのトラックバック一覧です: レコーディングスタジオ:

« こどもののみものとカラスとキャール | トップページ | 驚異のカリスマ気功整体師 »