« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月21日 (日)

凄い発明!ピアノ弱音器と9/17ピアノソロ

このところやっと秋の気配というか、まあ急に涼しくなって嬉しいというか罠じゃないのか?とまだ気を許せませんが、皆さまいかがお過ごしですか?

プチ・ソワレも満員御礼。ありがとうございました!

工事による蓄積疲労がいまだ抜けず&酷暑のせいで仕事以外はほぼ寝たきりの橋本ですが脳内では音がうずうずと渦巻いていて急に三日間ピアノ弾きっぱなしになって倒れるとか(笑)妙な日常を送っています。とはいえちょっと休みが続いたのですこしずつ回復していると思いたい。

防音コンサルタントの中里氏が考えたピアノそのものの音を音質、音色、響き、バランスを変えずに、オーディオのボリュームを絞ったように原音を小さくするという弱音器により、秘密基地のピアノ環境は格段に良くなりました。

これは画期的な発明です。

そもそもグランドピアノを20畳以下の部屋で鳴らすことに無理があるのですが、アップライトとグランドピアノではタッチや機構が異なるため音大以降やはりグランドピアノと共に生活していた訳ですが、8畳くらいの部屋では蓋を閉めたぐらいでは自分で弾いていてうるさいんですね(笑)

そのため今まで響板(ピアノの裏)を毛布で覆ったり、上に布をかけたりいろいろ工夫をしていたのですが、音がこもったり、響きが消えたりと、多少減音されてもあまりいい結果は出ませんでした。

詳しく書くのは疲れるので機構は省略しますが、ネットなどで型紙を取って送れば響板に蓋をする形で弱音する商品があるのですが、防音素材を使っているため音色は変わってしまうそうです。しかも低音はあまり変わらない。

今回の弱音器〜弱音法は本当に素晴らしく、まさに中里氏の天才の証明でした。

これだと、一軒家や構造的に防音性能が高い集合住宅なら何百万円もかけて高価な防音室にしなくても(しかも失敗が多い!)、中里流窓防音(ただ二重窓にしてもあまり効果無し。中里流の窓防音技術は凄い!)との併用の方が効果が高いかもです!

ただ、ピアノによって裏側の板の組み方が千差万別なのでオーダーメイドならともかく商品化には時間がかかりそうです。

うちは試作品第一号。

もう少し弾き込んで調律をすれば完璧ですね。

コルグのハイブリッドピアノもこの弱音機構で更に威力を増したといえるでしょう。

で、

9月17日(土)に横浜ドルフィでまたまたソロピアノをやります。

前回は10年ぶり?もっと?(しばらくソロ封印してたので)で、とにかく「やる!」という勢いでのライブでした。

今回は新曲出します。オーナーが私の「リハビリソロでもいい?」という希望にOKだったので、もう一度やります。

前回「あ、まだまだやれることや、やれてないことたくさんあるな」という感触を持ったので脳内がうずうずしてるみたいです(^^)

これが終わるとしばらくソロピアノないので是非!

9/17(土) @横浜 「ドルフィー」 6:30open 7:30start Solo Piano
前3500円/当3800円 http://www.dolphy-jazzspot.com/
045-261-4542

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »